財団の主な取り組みFoundation initiatives

新観協研

 「地域づくり活動発掘・支援事業」採択先の中では、「観光」をテーマに据えた地域活性化事業が多く、その主体の多くは地域の観光協会となっており、それぞれが抱える共通の課題を解決するとともに、自主財源の確保、観光振興・物産振興を行い、地域活性化を牽引する組織となることを目指した研究会を実施しています。
 地方創生の動きが加速されるなか、また、インバウンド観光がますます増加することが予想されることも含めて、観光協会としてその役割はますます強まることが予想され、観光客の受け入れ体制整備や地域の仕組みづくりが急務の課題となっています。
 平成28年度は、座長(北海道大学観光学高等研究センター 准教授 石黒 侑介氏)からのDMOに関する理論についての習得や、外部講師によるWebマーケティングならびにWeb活用による広告収入モデルの研修、ならびに、長野県にあるいいやま観光局の取り組み事例を学びました。また現地視察として、一般社団法人化とともに旅行業の取得による着地型商品の販売を開始した一般社団法人知床羅臼町観光協会の取り組み、またDMO先進地であるいいやま観光局への視察研修を実施しました。

 

association01.jpg association02.jpg

 

Information